主人に貯金しようと思う感覚がないことが不満

私は31歳の専業主婦で5歳と3歳の息子を育てています。

私の主人は公務員であり急な倒産などはありません。
ですのでそういった心配もなく給与やボーナスも決まった額ではありますし、しっかり頂けて主人には感謝しているのですが、私が困るのは主人にあまりお金を貯めようという気がないことです。

私の中で貯金というのは毎月コツコツするものだと思います。
子供も2人もいますし将来の教育費などもありますので、毎月給与を貰ったら決まった額をあらかじめ別の貯金口座に移して大体の生活費を大まかに分けて生活していきたいです。
私はそういう先に貯金をするという方法で独身時代から貯金をしてきましたしそのおかげでしっかりお金を貯めることができました。

しかし、主人は適当に使いたいだけ使って残ったお金で気づいたら貯まっていたという感覚だったようです。
結婚する時もそれなりにお金はたまっていたのですが、そのままの意識でいられるので非常に困る時があります。

元々仕事が好きな人で実際仕事が忙しく買い物などに行く暇はあまりありません。
それが唯一の救いなのですが、主人にはお小遣いを平均より多めに渡しているにも関わらず、欲しい物があればクレジットカードから引き落として家計のお金を使って購入します。
それが原因で喧嘩になる事もたまにあります。
主人は給料は自分のお金という感覚があり、私が節約の事やお金の話をするとすごくきつい口調で怒るような事もよくあります。

また、主人はマイホームが欲しいという夢もあり、そのために一層貯金をしなければいけないと思うのですが、中々話が通じません。

今は子供が小さいのであまり教育費などもかからないので特に問題にはなっていませんし、できる時に貯金をする様にして頑張っていますが、これからマイホームを建てて子供が大学生になった時に今の主人の金銭感覚でいると必ず今後喧嘩になってしまいます。それがすごく不安でたまりません。
できるだけお小遣いの範囲で主人も頑張って欲しいと思います。

ストレスが溜まりすぎて爆発しそうな時は、主人に内緒でキャッシングして買い物をします。
バッグや靴を買って主人にバレナイように隠しておいて、友達と女子会する時にこっそり持って行くのです。
専業主婦の私でも簡単に審査に通ったし、給料日が来たらこっそり生活費から返しています。⇒専業主婦キャッシング 審査

普段我慢しているのでから、これくらいは良いかな~と思っています。

専業主婦はローンを利用できるの??

専業主婦の方がローンを利用したい場合どうすればいいのでしょうか??そもそもローンを利用することができるのでしょうか??

回答として専業主婦の方は銀行カードローンでお金を借りる事ができます。

詳しい話はちょっと面倒なので、【専門サイト】を確認してもらいたいのですが、消費者金融では借りる事ができませんが、銀行カードローンならばお金を借りる事ができるのです。

ですので、専業主婦の方は銀行カードローンの審査に申込するようにするといいでしょう。

その他、カードローンの最近多い無利息ローンなどについても解説を進めていきたいと思います。

つまり無利息とは、必要なお金を用立ててもらったのに、利息は0円でOKということ。無利息キャッシングと呼ばれてはいますが、もちろん期限を過ぎたものまでサービスの無利息の状態で、貸し続けてくれるという都合のいい話ではないので気を付けなければいけない。

申し込んだ日に借り入れしたいと希望している資金を比較的簡単にキャッシングできるというのが、CMでもおなじみの消費者金融が提供している即日キャッシングというわけ。先に行われる審査にパスすれば、超スピーディーに希望の金額のキャッシングが実現します。

肝心なところは、借りたお金の使途が誰にも縛られず、借金の際の担保だとかいわゆる保証人などを用意しなくていいけれども現金で借りることができるのは、キャッシングという名前でもローンであっても、全然変わらないと考えていただいても構わないのです。

多数の表記がされているのはキャッシングとカードローンじゃないのかなと言えますよね。2つの違いを教えてほしいんだけど・・・といった意味の質問がしばしば寄せられます。細かいところでは、返済の考え方が、少しだけ違いがあるなど一般的には何の影響もないものばかりです。

高額な利息を一円たりとも払いたくないと思っている人は、融資後最初の一ヶ月は利息が必要ないなんて、かなりレアな特別融資等が実施されていることが多い、消費者金融会社による即日融資で融資してもらうことをご案内させていただきます。

キャッシングを希望で融資を依頼するより先に、なんとかパートとかアルバイトぐらいの立場の仕事には就いていないとうまくいきません。さらにお勤めの年数は長期のほうが、その後の事前審査で有利にしてくれます。

無論便利なカードローンなんですが、万一利用の仕方がまずければ、多重債務という状態を生む誘因となってしまってもおかしくないのです。結局ローンというのは、業者からお金を借りたのであるということを覚えておいてください。

申し込当日の入金もできる即日キャッシングで実際に融資をしているキャッシング会社は、予想している数よりもはるかにたくさんあるのです。ちなみにどこも、即日キャッシングによる振込が可能な時刻までに、やらなくてはならない契約の事務作業が終わっているというのが、即日キャッシングできる最低条件になっています。

即日融資を受けたい方は、どこからでもPCやタブレットを使うか、スマートフォン、ガラケーの利用が簡単なんです。カードローンの会社のサイトから申し込み可能です。

キャッシングの前に行われる「事前審査」という言葉が持っているイメージの影響でなかなかうまくできないように考えてしまう方がたくさんいらっしゃるというのもやむを得ないのですが、大部分は審査に必要とされている記録を使って、申込んだ後はキャッシング業者だけで片づけてもらえます。

いざというときにキャッシングあるいはカードローンなどで、融資が決まって借金ができることは、ちっともイケナイことではないんです。今時は女性向けのおもしろいキャッシングサービスだってありますよ。

新たにカードローンを利用する場合には、審査を受ける必要があります。事前審査に通ることができなかった場合は、どなたでもカードローン会社の頼もしい即日融資の恩恵にあずかることはできないことになります。

たくさんの業者があるキャッシングの申込方法で、ほとんどの方が使っているのは、インターネット経由のWeb契約というかなり使えるテクニックです。会社独自で定めた審査を受けていただいてその結果が融資可能だったら、本契約の完了となって、ATMさえあれば借り入れ可能にしているのです。

新築・増築などの住宅ローンや自動車購入のマイカーローンとは異なって、カードローンの場合は、借りたお金の使い道は自由なのです。このような性質のものなので、ローン金額の増額も制限されないなど、様々な長所が存在すると言えるのです。

あちこちのサイトで知っておきたい即日キャッシングのメリットがたっぷりと掲載されていますが、本当に必要な詳しい手順や振り込みまでの流れというのを掲載してくれているサイトが、残念ながらほとんどないという現状に悩んでいるのです。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いは何かを調べてみました。

キャッシングというのは、短期で借りる小口融資のことです。一番馴染のあるキャッシングというとクレジットカードについている融資機能だと思います。
クレジットカードはもともと旅行など多額の現金を持ち歩くのに危険を防止するためにトラベラーズチェックが進化したものです。
いわゆるショッピングクレジットの為のカードだったんです。

しかも翌日一括払いが基本です。現在でもアメックスなどは一括払いが基本でリボ専用カードとは別に発行されていて、カードフェイスも違います。

そんなクレジットカードにも小口の現金を引き出すことができる機能が付くようになって、これも一括払いでの返済をするのが基本でした。

なのでキャッシングというのは、多くても50万円くらいまでの小口融資のことをいい、1万円単位の少額から借りることができ、返済もい一括で返してしまうというものです。

ちなみに千円単位で借りれるところもあります⇒千円単位
カードローンには少ないものだと数十万円程度ですが、大きい額になると数百万円までの大口融資となるのです。

基本的に金額が大きくなるので返済方法はリボルビング払いとなるのが一般的だそうです。

カードローンは銀行によって様々ですが、基本はカードローンの専用口座と普通預金の口座があって、毎月の返済は普通預金の口座からの引き落としとなります。引き落としされる金額は、カードローンの残高によってスライドしていくのですが、定額のリボルビング払いとなると金利も高くなってしまいます。それでも金利はキャッシングより高くなることはないのです。

こういったことからもキャッシングをリボ払いで返済するというのはあまり賢い使い方ではないですね。

カードローンは長期返済を前提とした金利設定をしています。返しては借りてを続けていくと金利負担はかさんでいくので注意してくださいね。

キャッシングとカードローンではどちらが審査が厳しくなるかというとカードローンになります。カードローンは融資金額も大きいので基本的に銀行が出しているローン商品となるので金利も低いからです。

貸出金利は貸し倒れリスクも加味されているので金利が高いほど審査が甘いと考えていいと思います。逆に金利が低いと確実に返済をしてくれる人を選ぶということになります。

 

お金が必要な時の行動

急にお金が必要になったとき、お金借りるべきか悩む…。どうすればいいのか?とりあえず私の中で出た答えが・・・

第一位:物を売る
理由:一番簡単で、人に気を使わないし。自分の負担もないからです。ゲームソフト、ゲーム機、フィギュア、服などで愛着が薄れてきた物は売ってしまいます。

普段から使わないものは売る主義なので物を手放すことに抵抗はありません。時間があるならヤフオクや知り合いに直接売りますが、時間がない場合は店に持っていきます。
第二位:親に借りる
理由:てっとり早いからです。我が家は割と裕福な家庭ですので親にお金を貸してといえば融通してくれるので甘えます。もしかしたら返さなくても許してくれるかもしれないし・・・。(ひどいですが)友人には絶対に借りません。

仲が良くても他人ですし、お金にだらしない人だと思われたら悲しいし情けないです。私は親に「人にお金を貸すならあげるつもりで貸せ」といわれて育ってきたので、お金の貸し借りに強い抵抗があります。
第三位:定期の解約
できれば解約したくはありませんが、まとまったお金が必要ならやむなしと考えます。いくつか持っている定期預金のうち預けてからまだ日が浅いものを解約します。

自分のお金でなんとかするんですからまあ良いか、という感じです。絶対にしたくないのはキャッシングです。消費者金融は怖くて借りられません。

すぐに返済して利息が付かなかったとしても、一度借りたことによって借金のハードルが低くなって、その後も困ったときに駆け込んでしまうと思います。