キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いは何かを調べてみました。

キャッシングというのは、短期で借りる小口融資のことです。一番馴染のあるキャッシングというとクレジットカードについている融資機能だと思います。
クレジットカードはもともと旅行など多額の現金を持ち歩くのに危険を防止するためにトラベラーズチェックが進化したものです。
いわゆるショッピングクレジットの為のカードだったんです。

しかも翌日一括払いが基本です。現在でもアメックスなどは一括払いが基本でリボ専用カードとは別に発行されていて、カードフェイスも違います。

そんなクレジットカードにも小口の現金を引き出すことができる機能が付くようになって、これも一括払いでの返済をするのが基本でした。

なのでキャッシングというのは、多くても50万円くらいまでの小口融資のことをいい、1万円単位の少額から借りることができ、返済もい一括で返してしまうというものです。

ちなみに千円単位で借りれるところもあります⇒千円単位
カードローンには少ないものだと数十万円程度ですが、大きい額になると数百万円までの大口融資となるのです。

基本的に金額が大きくなるので返済方法はリボルビング払いとなるのが一般的だそうです。

カードローンは銀行によって様々ですが、基本はカードローンの専用口座と普通預金の口座があって、毎月の返済は普通預金の口座からの引き落としとなります。引き落としされる金額は、カードローンの残高によってスライドしていくのですが、定額のリボルビング払いとなると金利も高くなってしまいます。それでも金利はキャッシングより高くなることはないのです。

こういったことからもキャッシングをリボ払いで返済するというのはあまり賢い使い方ではないですね。

カードローンは長期返済を前提とした金利設定をしています。返しては借りてを続けていくと金利負担はかさんでいくので注意してくださいね。

キャッシングとカードローンではどちらが審査が厳しくなるかというとカードローンになります。カードローンは融資金額も大きいので基本的に銀行が出しているローン商品となるので金利も低いからです。

貸出金利は貸し倒れリスクも加味されているので金利が高いほど審査が甘いと考えていいと思います。逆に金利が低いと確実に返済をしてくれる人を選ぶということになります。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です